So-net無料ブログ作成

トノサマガエル。そう言えんば見なくなったよ! [環境]

【スポンサーリンク】



E382ACE382A8E383ABs-e6ddf.jpg

ニュース見て思ったけど。

そう言えば見なくなったよね。

まぁ、カエル自体見る機会が少なくなったけど。



トノサマガエルって環境省のレッドリストに「準絶滅危惧種」として指定されるまでに

減少してたんですね。


すでに観測対象から除外している気象台や測候所もあるとか。


かえるの合唱、昔はよく耳にしてたけど、

最近はまったく聞かないですよね。

かえるのうたが きこえてくるよ クワッ クワッ クワッ ♪ 

って歌ってる子供もいないけど(笑)


どうしてこんなにいなくなったんだろう?

なんて考えなくても分かることですが・・・


宅地開発、圃場整備 等 
 

いなくならないほうが不思議ですよね。

いくらトノサマでも人間には抵抗できないですよね。


トノサマガエルは成体になるのが2年くらい、

寿命が3~5年くらいだそうです。


けっこう長生きするんですね。


ふと疑問に思って調べてみました。

トノサマガエルの名前の由来は何だろう?

どうやらヘビなどに遭遇した際にとる、腹を膨らませ前足を踏ん張ってのけぞる威喝姿勢が、

いかにも殿様が威張るような姿に見えて「殿様蛙」と呼ばれるようになったようです。



なるほどね。

でももうそんな姿を見ることもできなくなるんでしょうね。


【スポンサーリンク】





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました